NPO法人ミュージックソムリエ協会

ミュージックソムリエ協会が選ぶ『昭和歌謡2000曲』プロジェクト発足!

■ミュージックソムリエ協会が選ぶ『昭和歌謡2000曲』~ミュージックソムリエ協会 会長に佐藤剛が就任~

CDショップ大賞、RECORD STORE DAYを運営するNPO法人ミュージックソムリエ協会は、会長に佐藤剛氏が就任する事を発表すると同時に、『昭和歌謡2000曲』プロジェクトを立ち上げます。

佐藤剛氏はプロデューサーとして甲斐バンドやTHE BOOM、中村一義などのプロデュースの他、近年は由紀さおり&ピンク・マルティーニ『1969』で日本のスタンダード・ソングに光を当てました。また舞台では「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」や「久世光彦 マイ・ラスト・ソング ~あなたは最後に何を聞きたいか~」、美空ひばり二十三回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」などを手がけ、過去の名曲をスタンダード・ソングにする試みに取り組んできました。近年は世界に誇れる日本のスタンダード作品を残した作曲家、故・中村八大氏の作品研究を中心に音楽研究を続けています。弊協会が発足した時から「本物を伝えて、人を喜ばせる」というミュージックソムリエの育成に共感していただいておりました。このたびアナログ・レコード文化の浸透と発展の為にも会長にお迎えしました。

過去の膨大なアーカイヴの中からスタンダード・ソングという概念を定着させ、これからも輝き続ける作品を残すことで、先人たちの思いを受け継ぎ、音楽シーンを活性化することは、氏がかねてから提唱してきたことです。ミュージックソムリエ協会は昭和歌謡のスタンダード・ソングの発見を促し、音楽が豊かな人生の一助となるようにと、新たな視点から『昭和歌謡2000曲』プロジェクトを展開していきます。

なおNPO法人ミュージックソムリエ協会は、一般社団法人に組織を変更する予定です。

kayo2000

■ミュージックソムリエ協会における「歌謡曲」の定義

明治時代以降に海外から入ってきた西洋音楽と、日本人が持っている詩情や感性が出会って生まれたポピュラー音楽のなかで、歌詞がついた楽曲のことを「歌謡曲」と総称します。その際に音楽のジャンルは関係なく、あらゆるポピュラー音楽、例えばジャズ、ラテン、フォーク、ロック、演歌、ニューミュージックなどと呼ばれてきた楽曲の全てを含みます。

■『昭和歌謡2000曲』プロジェクトとは?

昭和歌謡とは昭和の時代、すなわち西暦1926年12月25日から1989年1月7日までに作られた歌謡曲を指します。ミュージックソムリエ協会ではそんな昭和の時代に作られた数多の歌謡曲から、後世に歌い継がれてほしい2,000曲を選出し、ハイレゾ音源の配信、アナログレコードの復刻、企画展示、コンサートなどを展開していきます。

■佐藤 剛
1952年岩手県盛岡市生まれ、宮城県仙台市育ち。プロデューサー/作家。
著書にノンフィクション『上を向いて歩こう』(岩波書店)、『黄昏のビギンの物語~奇跡のジャパニーズ・スタンダードはいかにして生まれたか』(小学館新書)、『歌えば何かが変わる: 歌謡の昭和史』(共著・徳間書店)がある。
音楽業界誌『ミュージック・ラボ』を経て、1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネージメントとプロデュースを行う。1988年〜2008年はファイブ・ディー代表として、THE BOOM、プライベーツ、宮沢和史、喜納昌吉とチャンプルーズ、ヒートウェイヴ、中村一義、有里知花、スーパー・バター・ドッグ、ハナレグミ、小野リサなどをプロデュース。
近作は由紀さおり&ピンク・マルティーニ『1969』、マルシア『愛は海を越えて』、大島花子『柿の木坂』(以上アルバム)、ジェロ「ポロポロ」(シングル)などがある。
また「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」、「久世光彦 マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」、「スタンダードナンバー ~オトナの歌謡曲~」、美空ひばり二十三回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」など、先人達の音楽遺産を後世に伝えるためのイベント企画やプロデュース・演出を手がける。
現在は、流行やヒットを超えた力をもつ音楽を邦楽・洋楽問わず、様々な角度から紹介する音楽コラムサイト"TAP the POP"にて週2〜3回コラムを執筆をしている。
www.tapthepop.net/author/s_go

■CDショップ大賞 www.cdshop-kumiai.jp
全国のCDショップ店員の投票のみで選出される賞。2008年に設立し『行かなきゃ 会えない 音がある。』をスローガンに、メジャー、インディーズを問わず、過去1年間に発売された作品を対象とし、素晴らしい作品、素晴らしい才能を伝えていくことを目標としています。これまでに、相対性理論『シフォン主義』(第1回、2009年5月)、THE BAWDIES『THIS IS MY STORY』(第2回、2010年1月)、andymori『ファンファーレと熱狂』(第3回、2011年1月)、ももいろクローバーZ『バトル アンド ロマンス』(第4回、2012年2月)、MAN WITH A MISSION『MASH UP THE WORLD』(第5回、2013年3月)、マキシマム ザ ホルモン『予襲復讐』(第6回、2014年3月)、BABYMETAL『BABYMETAL』(第7回、2015年3月)といった作品が大賞に選ばれてきました。

■RECORD STORE DAYについて www.recordstoreday.jp
2008年4月19日にサンフランシスコのRasputin MusicでMetalicaがオフィシャルにキックオフ。配信やECサイト、ディスカウントストアの出現によって身近な街の小さなMUSIC SHOPがなくなりつつある現状に対して、RECORD STOREのオーナーであったChris Brownが発案したもので「レコードショップに出向きレコードを手にする面白さや音楽の楽しさを共有する」年に1度の祭典です。アメリカをはじめ世界21カ国で数百を超えるレコードショップが参加を表明し、貴重なアナログレコードやグッズなどのリリースを行ったり世界各地でイベントを開催しています。日本でも2011年にスタート、2015年には参加店舗数が100店舗を超え、参加作品数も70を超えました。

■ミュージックソムリエ講座 ms-kouza.jp
佐藤 剛氏も講師を勤めている、ミュージックソムリエの育成講座。素晴らしい音楽作品、音楽の可能性や楽しさを提案し、伝える人材の育成を目指しています。

■ミュージックソムリエの活動について
雑誌『からだにいこと』からだにいい音楽コーナー連載、TBSラジオ『Sound Bistro』ミュージックソムリエコーナーにミュージックソムリエ石井由紀子が出演。音楽WEBサイトOK MUSIC『ミュージックソムリエが選ぶこんな時に聴きたい曲』コラムを連載中。

 

協会からのお知らせ

2011年4月より私どもNPO法人ミュージックソムリエ協会では、アメリカのRECORD STORE DAY事務局と連携して日本事務局を開設し、情報をとりまとめ、発信してゆくことになりました。

ミュージックソムリエ協会の活動状況をお知らせする「ミュージックソムリエ協会blogです。

一般財団法人 日本クラシックソムリエ協会が2012年発足されました。ミュージックソムリエ協会では、日本クラシックソムリエ協会と連携し、その活動を応援して行きます。

 

You are here:

Contact Us

所在地:東京都港区西麻布4丁目16番7号ハウス西麻布201

ホームページでのお問い合わせはこちらから