NPO法人ミュージックソムリエ協会

美空ひばりが67年前に三木鶏郎と共演したポスターが一般に公開~昭和のスターとアイドル展

9歳で初舞台を踏んだ美空ひばりが本格的に世に出て行く直前の昭和24(1949)年7月に、「冗談音楽」で一世を風靡した三木鶏郎に抜擢されて舞台で共演していたことが、現存するポスターによって明らかになりました。

日本橋・三越で開催される「昭和のスターとアイドル展」(5月3日~9日)で展示する品々を選んでいた関係者が調べた結果、美空ひばりがレコード・デビューする直前のものだったという事実が判明いたしました。

三木鶏郎企画研究所に保存されていたポスターは、「大変に貴重なものなので外への持ち出しは禁止」と、故・三木鶏郎からスタッフに言い渡されていたもので、正式にレコード・デビューする前の美空ひばりが三木鶏郎に抜擢されて、大舞台で共演していたことを証明する貴重な資料と言えます。

昭和24年3月に公開された東横映画『のど自慢狂時代』でブギを歌う少女として出演して注目を集めた美空ひばりは、続いて8月1日公開の松竹映画『踊る竜宮城』に出演、挿入歌の「河童ブギウギ』を歌ってレコード・デビューを果たしています。

公式ホームページによれば「河童ブギウギ」を吹き込んだのは6月23日、7月30日にはB面ながらもコロムビアからレコードが発売になりました。 その間に三木鶏郎との共演が実現していたのです。

NHKの人気ラジオ番組『日曜娯楽版』(1947年放送開始)の「冗談音楽」で人気を博していた三木鶏郎と、彼が率いる喜劇人やジャズメンによるグループの公演『百万弗大冗談』を告知するポスターは、大阪の梅田劇場で7月4日から上演する宣伝のために作られたものです。

ポスターには「全大阪を煙に捲く」というキャッチコピーがあり、『百万弗大冗談』のタイトルの下に出演者の名前が順に記載されています。 そしてメインの三木鶏郎グループと並んで、当時12歳だった美空ひばりの名前があります。そして上部中央にはイラストで頭にリボンをつけた少女の笑顔が、三木鶏郎と対等に大きく描かれています。

その後、美空ひばりは8月に吹き込んだ「悲しき口笛」が9月から大ヒット、初主演の松竹映画『悲しき口笛』が10月24日に公開されて人気が爆発し、スターへの道を歩み始めて行きました。

なおポスターは経年劣化で破損しやすいために、三木鶏郎企画研究所のご厚意で写真撮影して複写して展示する予定です。

【昭和のスターとアイドル展・開催概要】
期間:2016年5月3日(火・祝)~5月9日(月)
場所:日本橋三越本店 主催:NPO法人ミュージックソムリエ協会
ホームページ: http://www.kayoukyoku.net/ 
新館7F ギャラリー:「昭和のスターとアイドル展」展示会場/ギャラリートーク予定
本館6F 三越劇場
1)「マイ・ラスト・ソング2016」~歌謡曲が街を照らした時代~
5月6日(金)・9日(月)18:30/19:00 出演:小泉今日子/浜田真理子

2)「歌謡NABEコンサート」
5月6日(金)14:00
出演:ジェロ、西田あい、伊藤美裕、徳永ゆうき、工藤あやの、三小田朱里、津吹みゆ、
最上川司、UNIONE(ユニオネ)、司会)三遊亭わん丈

本館屋上  
5月3日(火・祝)①正午から ②午後2時~ 出演:リトルグリーモンスター
5月5日(木・祝)①正午から ②午後2時~ 出演:かもめ合唱団など
その他、「歌謡NABEライブ」を連日開催

 

協会からのお知らせ

2011年4月より私どもNPO法人ミュージックソムリエ協会では、アメリカのRECORD STORE DAY事務局と連携して日本事務局を開設し、情報をとりまとめ、発信してゆくことになりました。

J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」内“IMOARAIZAKA RECORDS”とCDショップ大賞×ミュージックソムリエ協会のコラボ企画!毎週おすすめのアーティストの音源をリコメンドするのは全国のCDショップのバイヤー達!facebookもチェックしてくださいね!

ミュージックソムリエ協会の活動状況をお知らせする「ミュージックソムリエ協会blogです。

一般財団法人 日本クラシックソムリエ協会が2012年発足されました。ミュージックソムリエ協会では、日本クラシックソムリエ協会と連携し、その活動を応援して行きます。

TBSラジオ『SOUND BISTRO』内“ミュージックソムリエ”のコーナーでは、ミュージックソムリエがワインソムリエのようにおすすめの音楽を毎週ご紹介いたします。

You are here:

Contact Us

所在地:東京都港区西麻布4丁目16番7号ハウス西麻布201

ホームページでのお問い合わせはこちらから